◆一人っ子同士の結婚では、姓はそのままにしておくのもよい
少し前までは、一人っ子同士の結婚では、それぞれが「家名」を守るばかりにむずかしい問題もありましたが、最近では、改姓についての論議も公にされるようになりました。

民法の改正も近々あるやに聞きます。

ある私の知人は、結婚しても姓を変えなくてよいと言っておりました。

「結婚しても自分の姓名で生活なさい。

相手の戸籍に入るとか、姓が変わらねば結婚したことにならないとか、そんなことを考えるのはやめなさい」

「自分の領域をはっきりさせて自分で切り拓く生き方を考えて」と。

ことに一人っ子同士の結婚の場合、考えさせられる問題の一つです。

◆婚約発表と結婚披露の二重性
欧米における婚約の披露は、新郎側、新婦側と別個に催されることもあるが、一般には新婦の母親が両家ゆかりの人々を紹介する役目を受けもつようです。

外国では結婚式の費用は、主として花嫁の側が持つことになっていますので、婚約の発表にもこうしたしきたりがあるのでしょうが、わが国で行なうには、ちょっとした料亭、公民館、レストラン、喫茶店などを利用することになるでしょう。

なお、婚約披露もけっこうだが、結婚披露と二重にならないか、という人があったとしたら、まったく同感です。

同じ顔ぶれの人を呼んで、同じようなことを繰り返す懸念があるとしたら、物事を合理的に考え、行動しなければならない新生活の門出としては、当然、結婚式は家のものだけでおわらせ、披露宴を省略することにもなります。

ただし新しいものを採用、伝統を守ろうとするのは、必要以上の軋礫が起こるものですが。

結婚相談所

一年以内の離婚・離婚通知

◆結婚一年以内の離婚は、仲人が非礼を詫びる形にして出す
結婚式、新婚旅行を終えたころ、早くも破局を迎える成田離婚のような話は、その昔もありました。

新婚第一夜に泣いて実家に帰った花嫁の話も聞きました。

そのような場合、とりあえず双方が仲人にその旨を報告し、手続きを早急にすませましょう。

その上で、離婚の挨拶状の作製にかかります。

「この度は、縁あって式をあげた二人ではありますが、このままではお互いに不幸になると、離婚を決心したと申します。

心から祝福していただいた皆様に対し、仲人としての至らなさを痛感いたしております・・・・云々」と、仲人としての非礼を詫びる形にします。

一年以内の離婚も同じようにケジメをつけたいものです。


◆離婚通知は、必要な場合にだけ出す
結婚を知らせるときは、新郎新婦が連名で手紙を出しましたが、離婚の場合は連名で出すのは離婚届に署名するときだけで、あとは別々に出します。

「このたび、一身上の都合により××子との結婚生活を解消しました」といった結果を知らせるだけの通知でよく、それぞれ自分の関係筋に通知します。

しかし、結婚のときとはちがい、友人、知人ぜんぶに通知するのではなく、仕事のうえや、今後生活するうえに知らせておかないと支障をきたす必要なところにだけ出します。

離婚の理由を詳しくのべるのは、感情的になりやすく、両家にとってマイナスです。

そこで結果の報告だけにしておくことです。

社長 結婚
◆結婚寸前に身内に不幸があったときでも、披露宴は予定通りに行なってよい
不幸は突如として起こります。

もし、新郎新婦のどちらかの親や祖父母の死亡というような不幸であれば、服喪中は遠慮すべきでしょう。

しかし、交友関係が広かったり、主賓や仲人の都合、仕事の都合なと、背景の事情は、人それぞれ違うこととは思いますが、関係者と早急に相談します。

一方、延期することによって、それぞれの支障があまりにも大きい - ということであれば忌明け(親の場合五十日)後ならよい、という考え方もあります。

それぞれの事情に照らして、両家で思いやりをもって相談し合うことをおすすめします。

そして、できれば予定通り行なってよいと思います。


◆やむをえない「成田離婚」の場合は、即座に行動する
家族や友人、近親者に祝福されて式を終え、一生の思い出とするべく幸せそうにハネムーンに旅立った二人だったのに、帰って来たときには結婚解消、というケースも少なくありません。

結婚は一生の問題です。

交際中には見えなかった相手の欠点とか、いやな部分が見えて来たり、自分とは合わないと感じてきたのでしょう。

婚約中には、何とかうまくいくだろうと思っていたことが、破局を呼んだ例です。

こうしたトラブルが起きたら、即座に、周囲の人とも相談し、冷静な意見も聞き入れて結論を出すべきです。

むしろ不幸を最小限にとどめ、双方の家族が傷つかないような配慮をしましょう。

再婚

結婚記念日

結婚記念日に二人で温泉旅行をするのもよい
毎年の結婚記念日に、夫婦で贈り物をしあうのもよいものです。

一年目は紙婚式(音楽会や映画の切符)、二年目は綿婚式(イニシャル入りのワイシャツやブラウス)、三年目は革婚式(財布やバッグ)、四年目は書籍婚式(料理の本や写真集)など、大げさでないプレゼントを用意し、贈りあうのはほほ笑ましいものです。

一方、結婚記念日に日本各地にある温泉に出かけるのも楽しい試みです。

あれこれの用意も不要、というのが何より。

二、三旦逗留して、「話せる時間」を持つのもよいですね。

年に何度か、季節に合わせて出かけるもよしで、「日本百名温泉めぐり」を自分たち風にアレンジするとよいでしょう。


結婚記念日の名称と贈り物
年数       名称             贈り物
1年目    紙婚式           紙製品
2年目    綿婚式           木綿製品
3年目    革婚式           皮革製品
4年目    書籍婚式          書籍類
5年目    木婚式           木製品・観葉植物
6年目    鉄婚式           鉄製品
7年目    銅婚式           銅製品・手織物
8年目    電気器具婚式          電気器具
9年目    陶器婚式             陶器類
10年目   錫・アルミニウム婚式   錫・アルミ製品
11年目   鋼鉄婚式           鋼鉄製品・金属製品
12年目   絹・麻婚式             絹・麻
13年目   レース婚式             レース
14年目   象牙婚式               象牙製品
15年目   水晶婚式               クリスタル製品
20年目   磁器婚式               陶磁器類
25年目   銀婚式           銀製品
30年目   真珠婚式               真珠の装飾品
35年目   ひすい・さんご婚式      ひすい・さんごの装飾品
40年目   ルビー婚式             ルビーの装飾品
45年目   サファイア婚式       サファイアの装飾品
50年目   金婚式            金製品の装飾品
55年目   エメラルド婚式       エメラルドの装飾品
60年目   ダイヤモンド婚式        ダイヤモンドの装飾品
75年目    プラチナ婚式      プラチナの装飾品

社長 結婚
◆結婚式のスナップ写真は、写っている人全員に贈る
大勢の人が写っている写真をパッと見た場合、まずいちばん先に目をこらし、さがす視点は自分の顔の上だそうです。

人間はそれほど自分という存在にのみ関心の強い動物なのです。

自分が写っている写真は、たとえ後ろのほうで顔が半分欠けて撮れていても、もらうのがうれしいものです。

披露宴で新郎新婦を中心に、みんなで並んで写した記念撮影などは、むやみに贈るものではありません。

しかし、披露宴でのスナップ写真は、そのなかに写っている人の分は焼増しして全員に差し上げるとよいでしょう。

とはいえ、「こうした写真がたまる一方で」となげく方もあります。

同じ理由から、「贈らなくてよろしいから」と申します。


◆披露宴に参列してもらえなかった親しい人には、結婚写真を見せにゆく
先日、病気でふせっている知り合いの老婦人をお見舞いに行ったところ、

「よいところへ来てくださいました。いま試写会がはじまるところですから」

と家族の方に病室へ案内されました。

病室内のテレビには、花嫁が花婿に手をそえられて、いましもケーキにナイフを入れるところがうつりました。

とたんにパチパチと拍手がおこります。

ひと月ほど前に結婚したこの老婦人の外孫の娘さんが、結婚式に従兄の方が撮影したビデオとデッキを持参して、式や披露宴に出席してもらえなかったおばあちゃんのお見舞いに見えたのでした。

なによりもうれしいお見舞いを受けて、おばあちゃまは、その後メキメキよくなられたとききました。

結婚
◆結婚祝いのお返しは、デパートなどからとどけてもらってもよい
礼法の教科書などを読むと、

「お返しをデパートなどから十把一からげに送りつけるのは誠意がない。

できるだけ自分で持って行ってお礼を述べるべきだ」とありますが、反対です。

お祝いを差し上げる場合は相手がひとりですから、持参することもできますし、それが礼儀でしょう。

しかし、いまの大都会の交通事情で、お祝いをくださった方全員を一軒一軒訪問するのはたいへんです。

また、先方でも忙しいところに訪ねてこられては、迷惑するかもしれません。

心のこもった礼状を添えてデパートなどからとどけてもらうのがいちばんです。

お返しの包みには紅白の水引をかけ、表には「内祝」または「寿」とします。


◆結婚写真は、仲人だけには贈る
わが家には平常開くことのない数冊のアルバムがあります。

どのページもどのページも同じような花嫁、花婿の記念写真ばかりです写真の下に記入してある名まえを見なければ、だれがだれやらわかりません。

たいして親しくもない方たちですが、贈られた以上は捨てては失礼になるので、こうして保存しているのです。

結婚の写真はやたら他人へ贈るものではありません。

関係者以外にとっては、たいしておもしろくも楽しくもない写真だからです。

しかし、仲人だけには差し上げなければなりません。

よく、平素疎遠にしている親戚にまでも写真を贈る人がいますが、形式的に親戚に写真を配るよりも、親しい友人と結婚写真を交換するほうがよっぽど気がきいています。

社長 結婚

見合い後の交際の断り方

見合い後、交際を続けてみたけれども、どうも気が進まず、結婚相手と考えにくいとか、素行や健康上の問題で結婚生活に差し障りのあることが見つかり、交際を断りたいと思った時は、早目に、相手からプロポーズされる前に意思を表現するのが望ましいでしよう。

ぐずぐずと長びかせて断りにくくなったり、何となく成行きで結婚してしまい、後で悔やむことになりかねません。

素行上や健康上の問題であれば、その事実をありのままに仲人に伝えて、交際を中止してもらうようにします。

気が進まないというような時は、断る口実も見合い後の断り方と同じように、相手の人格を傷つけないような心づかいが大切です。

「とても魅力的な人でもったいないようなお話だとは思うのですが、ご趣味などの違いに、本人が自信をなくしたようなので・・・・」

などと、適当な口実で断りますが、結婚の意思がないことは明確にし、誤解をまねかないようにしなければなりません。

断りは直接本人に伝えるよりも、仲人を通して間接的に断ったほうが良いようです。

本人に言うよりも断りやすいし、相手にとっても、直接聞かされるよりもショックが少ないともいえます。

もし、直接本人に断った場合は、後で必ず仲人へも報告しておきます。

二人だけの交際になったからといっても、なしのつぶてでは、仲介の労をとってくれた仲人に対して礼を欠きます。

見合いのお礼・費用・交際期間

◆見合いのお礼
商品券は、箱に入れてのし紙をかける


◆見合いの費用の負担
ふつう、見合いの費用は当事者双方が折半、あるいは頭割りで負担します。

しかし、見合いの席でお金を出し合うのは避け、その場は仲人に支払いをまかせて、あとでその額に多少の額を加え、「お車代」として、折半あるいは相当額を仲人宅に届けるといいでしょう。

男性側が仲介を依頼し、いろいろ世話をかけた時は、男性側が全額負担することもあります。

仲人宅で見合いする時は、双方が適当な手土産を持参し、男女どちらかの家の場合は、招いた側が当日の費用を負担し、相手はお茶の席か、食事の席か、同席者の数などを考えて、それぞれ相手への手土産を用意すれば良いでしょう。


◆交際期間中、その都度仲人に報告をすることはありませんが、時折、現況や自分の感じを伝えておくのが礼儀ですし、交際の結果がどうなるにしても仲人は立場上、結納へ進めるなど次の準備ができます。

特に交際中に気になることが出てきたり、気乗り薄になった時は、早目に仲人に相談する必要があります。

どの程度の交際期間が適当かを、一口で言うのは難しい問題です。

ケース・バイ・ケースということですが、交際期間を長びかせたうえで断るというのは、相手方、特に女性の側にとっては非常に打撃を受け、傷つくものです。

ある程度の期間内で、早目に結論を出すのがエチケットです。


交際の心得

見合い後の交際も、最初の一、二回は仲人も交えてというケースもありますが、たいていは直接本人同士だけで進めていく方法をとっています。

まだ婚約が決まったのではなく、お互いをよく観察し合い、婚約にまで進めるかどうかの期間ですから、節度を守った交際をするようにします。

この期間は、交際を続けるうちに愛情を認めたら結婚しようという約束のもとでの交際ですから、相手に好感を持たれるように努めることが第一ですが、同時にありのままの姿を相手に知ってもらう必要もあります。

良いところを見せようと、やたらに見栄を張ったり、無理をすると長続きしませんし、やがて息切れしてしまうでしよう。

相手に関していろいろ知りたいと思うことは、相手も自分について知りたいと思っていることです。

まず、自分について自分のほうから語り、それから相手のことを聞き出すようにします。

結婚相手として選ぶかどうかを決める大事なことですから、正しい判断を導くために、この交際期間を効果的に利用するように心掛けます。

結婚へと進行した場合には、二人の結婚生活にかかわりを持つような問題、例えば家族のことや仕事のこと、二人の家庭のイメージなどを、ある程度、具体的に話し合うことも大切です。

◆縁談の返事の聞き方、伝え方
必要なデータをそろえ、コンピュータではじきだして、この答えは絶対に正解というようなわけには必ずしもいきません。

断られた時の相手への対し方も、仲人の心得の大きなポイントです。

「せっかく心配してあげたのに」とかいつまでも未練がましく、食い下がらないことです。

人それぞれに思うところがあるはずですし、断っているほうも決して愉快な気持ちではなく、申し訳ないと思っていることを、理解してあげましょう。

縁談を依頼した側から、持ち込まれた縁談を断られることもあります。

依頼者側が仲人に対して礼をつくすのは当然ですが、仲人は相手方を傷つけないように十分気を付けたいものです。

「いいご縁ですが、お年寄りが星まわりを気にしていらっしゃるようで」とか、「あまり良いお話で、あちら様には過ぎたご縁とおっしゃって」など、えん曲なロ実をつけ、相手には不満のないことを強調して、失礼のないようにします。


◆縁談断り状の例◆
師走の候、なにかとご多忙のこととお察しいたします。

先般は○○の縁談につき、ひとかたならぬお世話になり、厚く御礼申し上げます。

さて、ご返事が遅れておりましたが、本人によりますと、××様がご立派すぎてつり合わないと申し、踏躇している様子です。

親といたしましても無理な説得もできず、このうえは、もうしばらく機が熟すのを待ちたいと存じます。

ご好意にそむくようでたいへん申し上げにくいのですが、このお話は白紙に戻させていただきたく、よろしくお願いいたします。

いずれ近日中におうかがいし、おわび申し上げたいと存じますが、なにとぞ今後ともお見捨てなく、お心にかけてくださいますようお願い申し上げます。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

タグクラウド

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja