公立は地区の役所による運営で、私立は個人経営から企業に属した企業関係者対象のもの、学校・団体の厚生施設としてあるもの、企業として成り立っている相談所などさまざまなものがある。

最近は、結婚相談所とは思えないような名称の相談所も増え、意識調査と称してハガキで回答させて、「あなたと相性がぴったりの人が、コンピュータで見つかりました。一度結果を見にきてください」と入会を促す相談所もある。

相談所選びは次のポイントを参考に、きちんと下調べをしたうえで、自分に適した所に申し込む。

(1)相談所の性格(公・私立か、個人経営か企業、各種団体か)
(2)これまでの相談実績、成婚実績
(3)どんな会員が多いか
(4)入会金、見合い手数料、会員期間と継続料、パーティなどの催し物の種類と参加料などの費用および手続き
(5)カウンセラーの年代、経歴、立場など自分に適した相談所が見つかり、入会した場合、積極的に紹介を求め、相談所との連絡を欠かさないようにする。

見合いといっても、そう堅くなる必要はない。

仲介者から聞いた話や書類を参考に、とにかく相手に会い、実際の印象や人柄を直接知ることが見合いの目的である。

したがって、できるかぎり素直に自分を表現し、ありのままの姿を見てもらうようにするほうがよい。

ムリに欠点をさらけ出す必要はないが、よい面ばかりを見せようとするのもやはり意味がない。

結婚を意識しすぎずに、友人としての出会いの場、気が合ったらおつき合いをしてみればいい、ぐらいの気持ちで臨んだほうがうまくいくようだ。

見合いの依頼・仲人との関係

見合いの依頼を引き受けてもらったあとの連絡や問い合わせは、ひんぱんすぎても、全然しなくてもいけない。

二、三か月に一度ぐらいの割合で、電話や手紙、あるいは訪問によるコミュニケーションを保つのがいいだろう。

その際には、さりげなく感謝の気持ちを伝え、続けての仲介をお願いする。

ほかからの縁談が具体化しそうな場合には、ただちに報告をして、同時に複数の縁談を進行させないように注意する。

その話がまとまらなかった場合には、仲介者に経過を伝え、再び仲介を依頼する。

仲介者から相手を紹介されたら、まず相手方の書類と写真を預かり、結婚相手として、条件が一致するかどうかを検討する。

履歴書や身上書など書類だけでは不明な点があったら、率直に仲介者に尋ねてかまわない。

そのときに、仲介者と縁談の相手との関係もさりげなく聞いておくといい。

返事は一週間から遅くとも二週間以内に。

見合いを望むときは、仲介者にその旨を伝え、日時や場所の設定などの段取りをつけてもらう。

日時、場所について希望を聞かれた場合は、率直に述べておく。

見合いをしてしまうと、心理的に断りにくくなることもあるので、決定は慎重にしたい。


■履歴書の書き方

(例)

【履歴書】

氏名
○○××

生年月日
昭和○年○月○日生

現住所
東京都○○区○○町○○番地

本籍
同上

学歴
平成○年○○大学経済学部卒業

職歴
平成○年㈱○○商事入社

現在に至る

賞罰
なし

【身上書】

健康状態
良好、既往症なし、身長177㎝、体重73㎏、視力左右とも1.0

趣味・特妓
音楽、テニス、水泳、普通自動車免許あり

生活状況
現在、両親兄、弟と同居。
結婚後は両親、兄弟と別居の予定

収入
年収○○万円、賞与年間五か月分以上


両親との同居、別居、扶養義務の有無など、結婚後の生活条件についても、正直に書いておく。

このほかに、家族全員の氏名、年齢、学歴、職業、本人との続柄を書いた家族書を添えて、家庭環境を明確にしておく。

家族のなかに死亡した人がいる場合は、死亡年月日と死亡した理由も書き添えるようにする。

本人が家族と別居している場合も、理由を明記する。


■見合い写真は数枚用意する
見合い写真は、正装で撮影したもののほかに、日常の表情をスナップした写真も二、三枚加えておくようにする。

相手が白紙の状態で手にするものだから、自分の個性やイメージがよく伝えられると思えるものを選ぶようにする。

最近の写真で気に入るものがないからといって、何年も前の写真を渡すのは避けること。

できるだけ新しいものから選び、写真の裏には、必ず氏名と撮影年月日を記入しておく。

また、本人が一人か同性といっしょに写っているものはよいが、異性が入っている写真は避けるのが礼儀である。




■履歴書、身上書は本人が書く
履歴書は市販の用紙ではなく、毛筆・なら半紙を、ペン書きなら上質の便箋を使用し、本人が楷書で書くようにする。

字が上手でないからといって、代筆してもらうのは好ましくない。

上手な字でなくても、ていねいに心をこめて書けば、相手にも伝わるものなのだ。

履歴書には氏名、生年月日、本籍地と現住所、学歴、職歴、賞罰などを正確に記入する。

また、身上書には身体のサイズや健康状態、趣味や特技など、個人的な事項を記入する。

年収も記入しておくほうがよい。


■仲介を依頼したい人が見つかったら
依頼のための訪問をする。

事前に都合を聞き、指定された日時に本人または本人と両親が訪問する。

依頼の際には、こちら側の現在の生活、結婚に対する考え方、生活設計などを率直に述べたうえで、希望の相手像、相手側に対する希望条件などを、はっきりと具体的に伝えるようにする。

もちろん両親と意見がくい違うことのないように、あらかじめ意見の統一をしておくことが大切である。

「健康で、自分の仕事に理解があり、家庭を守ってくれる人」とか、「本人が希望するなら仕事を続けてもよいが、両親との同居を承知してくれる人」などと、現実に結婚生活を築いていくうえで重要なポイントを具体的に話すようにする。

健康面、人柄などについても、希望条件は具体的に出す。

より確実に条件を伝えたいのであれば、書面にして仲介人に渡す方法もある。

ただし、あまり身勝手な希望ばかりを並べたてたりはしないようにしたい。

また、ほかにも縁談を依頼した人がいる場合は、その旨もきちんと話しておく。

そして、もし、そちらの話がまとまりそうになった場合は、すぐに連絡して、仲介者に迷惑がかからないように心がける。


■縁談の依頼で先方を訪問するとき
必ず見合い写真、履歴書、身上書を持参し、先方が引き受けてくれたら預けておくようにする。

ほかに依頼した仲介者がいる場合でも、いない場合でも、三、四組ぐらいは用意しておくとよい。

仲介者に相手の心当たりが複数ある場合でも、あわてなくてすむ。



■祝儀袋の表書きの例と水引の種類
祝儀袋は水引、表書きを正しく書く。

現金を贈るときには、必ず奉書紙で包んで水引をかけるか、市販の祝儀袋に納めて渡すのが礼儀である。

・結婚祝いの水引は、紅白、金銀、金赤などを用いたもので、結び方はあわじ結びか結び切りのものを選ぶ。

これは二度繰り返すことのないようにとの意味がこめられているため。

間違っても蝶結びの袋を選んではならない。

・表書きは「御祝」「寿」「御結婚御祝」「祝御結婚」「御慶」「御歓」などとする。

表書きが印刷されている市販の祝儀袋を用いてもよいが、自分で書く場合は、濃い墨で書くのが決まりである(簿墨は弔事の場合)。
水引の下段に贈り主の氏名を書き、中包み・中袋の表側中央にも金額を書き入れておく。

市販の祝儀袋は、シンプルなものから、飾りの多い豪華なものまでさまざまで選択に迷うほどだが、金額に合わせて選ぶようにする。
目安としては、一万円以内なら飾りの少ないもの、二、三万円なら中程度のもの、五万円以上ならそれなりに立派な飾りのついたものと考えればいいだろう。


■子供を連れで出席させたときは配慮をこまかく
先方から特に、子供を連れての出席を促されていないかぎり、子供連れの出席は避けたほうがよい。

先方から促され、あるいはやむを得ず子供を同席させた場合は、披露宴の途中で子供がふざけたり、大声を出したりしないように注意する。

参列者に迷惑をかけそうなときには、会場の外に連れ出して、進行のじゃまをしないような配慮をしなければならない。

当事者にも参列者にも、絶対に迷惑をかけないことが、子供を連れていくときの条件である。



■結婚祝いを贈るとき
親戚、友人、知人などの結婚が決まって、披露宴に招待された場合も、招待されない場合も、お祝いの贈り方に悩む人は少なくないだろう。

どの程度のものにするかは、現金であれ、品物であれ、もちろん先方との関係の深さによって変わってくる。

結婚する本人と特別に親しい場合や、日ごろから世話になっている人やその身内の結婚などには、できるだけお祝いをしてあげたいと思うのが人情というものだろう。

お祝いは義理や体裁でするものではない。

自分の立場、相手との関係を考慮して、妥当と思われる程度の金品で祝福の気持ちを伝えるようにする。



■招待客の場合
挙式の一週間ぐらい前までに結婚祝いを贈りたい
現金の場合も、品物の場合も、挙式の一週間ぐらい前までには先方に届くようにするのが礼儀である。

直接先方に持参するのが正式だが、やむを得ない場合には郵送してもよい。

その際には、お祝いの言葉をしたためた送り状を添えることを忘れないようにする。

送り状の文面は、まず結婚に対する祝いの言葉を書き、祝いの品を贈る旨を書
く。

さらに新生活の幸せを祈る言葉で結ぶ。

披露宴に招待されている場合は、楽しみにしている旨を書き添えてもよい。

持参するときには、当然先方の都合を聞いてからにする。

挙式間近は、準備で忙しいはずなので避けるようにしたい。

最近は披露宴の会場に祝儀を持参するケースが多くなっているが、一般の参列者ならともかく、主賓として招かれている場合は、やはり事前に届けるようにしたい。

特に、品物を会場に持参するのは相手の迷惑になる。

絶対に避けること。


品物を選ぶ際の金額の目安は、披露宴に招かれている場合でも、招かれていない場合でも、現金を贈ると想定したときの額を、少し下回る程度が適当であろう。

これを基準にして、親しさの度合いなどによって、金額を上下させて品物を決定する。

祝い品には、のしと、紅白または金銀の水引を結び切りにかける。

品物を買った店に頼めば、たいていは用意したものをかけてくれるので、これに氏名を書く。

グループで贈るときは連名とするが、右側に目上の人の名がくるようにする。

表書きなども、基本的には現金の際の祝儀袋と同様にする。


相手の希望を聞いてから品物を決める


最近では、もらう側である新郎新婦が欲しい物のリストを作り、それを贈り主に渡す、という方法も増えているようである。

せっかくの贈り物を眠らせておかないためにも、合理的な方法といえるだろう。

先方に希望を聞きにくい場合は、相手の好み、個性、センス、生活様式などを間接的に確かめて、品物を選択する。

確かめられなかったら、ほかの人と重なってもムダにならないような、たとえばバスタオルやテーブルクロス、ベッドカバーなどの生活必需品で、少し高級な品を選ぶようにする。

この種のものは、なかなか自分では高級品までは手が回らないものだから、意外に喜ばれるものである。


受付、参列者の出迎えは、洋風の披露宴とかわりません。

席は、固定していませんが、新郎・新婦、媒酌人夫妻の席はいちおうきめておきます。

参列者は各自自由な場所に立ち司会者の開宴のことばを待ちます。

開宴に際しては、ただ、司会者が開宴のことばをのべるのではなく、音楽などをはさんだり、照明による効果を出したりして、趣向を凝らすとよいでしょう。

とくに音楽は、進行に区切りをつけるのに効果的ですから、コーラスとかバンドを用意しましょう。

司会者が開宴を宣したあと、媒酌人のあいさつと主賓の祝辞が行なわれます。

いくら気楽な雰囲気とはいえ、こういったあいさつは披露宴には必要なプログラムですから、洋風の披露宴と同様に進めてください。

このあと、ウェディング・ケーキにナイフを入れて祝宴が始まります。

そして乾杯です。

この祝宴に入るまでの、媒酌人のあいさつと主賓の祝辞の間は、新郎・新婦は、当初きめられた場所に立ちます。

乾杯のあと、お色直しをしますが、これもありきたりの着替えという形ではなく、趣向を凝らしたものにしたいものです。

お色直しが終わったら、新郎・新婦も自由に参会者の間に入ってかまいません。

熟年結婚

中国料理とマナー

中国料理の宴会は、うちとけた雰囲気にひたるのがその目的ですから、特別なエチケットといったものはありません。

ふつうは取り箸もつけません。

全部のごちそうを、常に自分の箸で取るのです。

ですから、箸はきれいに使い、なめたりしてはいけません。

料理を、自分の皿に取るとき、自分の箸を反対に返して取る人がいますが、これは、中国流では、他の人を嫌うことになりますから、箸はそのまま使います。

特別なエチケットはない、といっても、普通の食事の際に守るべきエチケットは、守らなければなりません。

必要以上の遠慮は、どんな場合でも好ましいものではありません。

とくに、中国料理の宴会の場合は、ひとつのものをみんなでつつき合って、なごやかに食べるという趣旨に反するので、よけいな遠慮をするものではありません。

中国風の披露宴では、とにかく、世界一といわれるその料理を、楽しく、なごやかに食べ、うちとけた雰囲気にひたるということが大切なのです。

食事がすんだころ司会者が閉宴のあいさつをするのは、これまた洋風の披露宴の場合と同様です。

社長 結婚

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

タグクラウド

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja